Enterprise のアイデンティティおよびアクセス管理について

You can use SAML single sign-on (SSO) and System for Cross-domain Identity Management (SCIM) to centrally manage access to organizations owned by your enterprise on GitHub.com.

Enterprise のアイデンティティおよびアクセス管理について

SAML single sign-on (SSO) gives organization owners and enterprise owners using GitHub Enterprise Cloud a way to control and secure access to organization resources like repositories, issues, and pull requests. Enterprise のオーナーは、Enterprise アカウントが所有するすべての Organization 全体で、SAML IdP によって SAML SSO と中央での認証を有効にすることができます。 After you enable SAML SSO for your enterprise account, SAML SSO is enforced for all organizations owned by your enterprise account. すべてのメンバーは、自分がメンバーである Organization にアクセスするために SAML SSO を使用して認証するよう求められ、企業のオーナーは Enterprise アカウントにアクセスする際に SAML SSO を使用して認証するよう求められます。 For more information, see "Configuring SAML single sign-on for your enterprise."

SAML SSO を有効にした後、使用する IdP によっては、追加のアイデンティおよびアクセス管理機能を有効にできる場合があります。 SCIMでのユーザアクセスのプロビジョニングとプロビジョニング解除は、Enterpriseアカウントでは利用できません。

IdP として Azure AD を使用している場合は、Team 同期を使用して、各 Organization 内の Team メンバーシップを管理できます。 GitHub TeamをIdPグループと同期すると、IdPグループへの変更はGitHub Enterprise Cloudに自動的に反映され、手動での更新やカスタムスクリプトの必要を減らせます。 IdPをTeam同期と共に使い、新しいメンバーのオンボーディング、Organization内での移動に応じた新しい権限の付与、Organizationからのメンバーアクセスの削除といった管理タスクを扱うことができます。 詳しい情報については、「Enterprise アカウントで Organization の Team 同期を管理する」を参照してください。

There are special considerations when enabling SAML SSO for your enterprise account if any of the organizations owned by the enterprise account are already configured to use SAML SSO. For more information, see "Switching your SAML configuration from an organization to an enterprise account."

Enterprise Managed Usersについて

Enterprise Managed Users is a feature of GitHub Enterprise Cloud that provides even greater control over enterprise members and resources. With Enterprise Managed Users, all members are provisioned and managed through your identity provider (IdP) instead of users creating their own accounts on GitHub Enterprise Cloud. Team membership can be managed using groups on your IdP. Managed users are restricted to their enterprise and are unable to push code, collaborate, or interact with users, repositories, and organizations outside of their enterprise. For more information, see "About Enterprise Managed Users."

Configuring Enterprise Managed Users for SAML single-sign on and user provisioning involves following a different process than you would for an enterprise that isn't using managed users. If your enterprise uses Enterprise Managed Users, see "Configuring SAML single sign-on for Enterprise Managed Users."

サポートされている IdP

以下の IdP はテスト済みで公式にサポートされています。 SAML SSO の場合、SAML 2.0 標準を実装するすべてのアイデンティティプロバイダに対して限定的なサポートが提供されています。 詳しい情報については、OASIS Web サイトの SAML Wiki を参照してください。

IdPSAMLTeam の同期
Active Directory フェデレーションサービス (AD FS)
Azure Active Directory (Azure AD)
OneLogin
PingOne
Shibboleth

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?