ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

学習管理システムをGitHub Classroomに接続する

LTI準拠の学習管理システム (LMS) をGitHub Classroomに接続するよう設定することで、クラスルームの名簿をインポートできます。

ここには以下の内容があります:

LMSの設定について

学習管理システム (LMS) をGitHub Classroomに接続でき、GitHub ClassroomはLMSから学生の名簿をインポートできます。 LMSをGitHub Classroomに接続するには、LMSでGitHub Classroomの構成認証情報を入力する必要があります。

必要な環境

LMSをGitHub Classroomに接続するよう構成するには、まずクラスルームを作成する必要があります。 詳しい情報については、「クラスルームを管理する」を参照してください。

サポートするLMS

GitHub Classroomは、Learning Tools Interoperability (LTI) 規格を実装するLMSからの、名簿データのインポートをサポートしています。

  • LTIバージョン1.0および1.1
  • LTI Names and Roles Provisioning 1.X

LTIは、情報の安全性と機密性を保つために役立ちます。 LTIは業界標準のプロトコルであり、GitHub ClassroomによるLTIの利用は、教育管理システム (IMS) グローバル・ラーニング・コンソーシアムにより認定されています。 詳しい情報については、IMSグローバル・ラーニング・コンソーシアムのウェブサイト上にあるLearning Tools Interoperability (学習ツールの相互運用性) およびAbout IMS Global Learning Consortium (IMSグローバル・ラーニング・コンソーシアムについて) を参照してください。

GitHubは、以下のLMSからGitHub Classroomへの名簿のインポートを確認しています。

  • Canvas
  • Google Classroom
  • Moodle
  • Sakai

現在のところ、GitHub ClassroomはBlackboardおよびBrightspaceからの名簿のインポートはサポートしていません。

クラスルームの構成認証情報を生成する

  1. Sign into GitHub Classroom.
  2. In the list of classrooms, click the classroom you want to view.
    Classroom in list of classrooms for an organization
  3. Under the classroom name, click Students.
    "Students" tab for classroom
  4. クラスルームに既に名簿がある場合は、その名簿を更新するか、その名簿を削除して新しい名簿を作成できます。
  5. LMSのリストの中から、お使いのLMSをクリックします。 お使いのLMSがサポートされていない場合、[Other LMS] をクリックします。
    LMSのリスト
  6. LMSの接続について読み、[Connect to LMS] をクリックします。
  7. クラスルームへの接続に用いる、[Consumer Key]、[Shared Secret]、および [Launch URL] をコピーします。
    認証情報のコピー

一般的なLMSを設定する

外部ツールが名簿情報を受信できるよう、LMSのプライバシー設定を行う必要があります。

  1. お使いのLMSに移動します。
  2. 外部ツールを設定します。
  3. GitHub Classroomで生成された構成認証情報を入力します。
    • Consumer key
    • 共有シークレット
    • Launch URL (「ツールURL」などと呼ばれることもあります)

Canvasを設定する

GitHub ClassroomをCanvasの外部アプリケーションとして設定し、クラスルームに名簿データをインポートできます。 Canvasに関する詳細は、Canvasのウェブサイトを参照してください。

  1. Canvasにサインインします。

  2. GitHub Classroomと連携するCanvasのコースを選択します。

  3. 左のサイドバーで、Settings(設定)をクリックしてください。

  4. [Apps] タブをクリックします。

  5. [View app configurations] をクリックします。

  6. [+App] をクリックします。

  7. [Configuration Type] ドロップダウンメニューで、[By URL] をクリックします。

  8. GitHub Classroomからコピーした構成認証情報を貼り付けます。 詳しい情報については、「クラスルームの構成認証情報を生成する」を参照してください。

    Canvasアプリケーション構成のフィールド値または設定
    Consumer KeyGitHub ClassroomからのConsumer key
    Shared SecretGitHub ClassroomからのShared secret
    Allow this tool to access the IMS Names and Role Provisioning Service有効
    Configuration URLGitHub ClassroomからのLaunch URL

    注釈: [Allow this tool to access the IMS Names and Role Provisioning Service] というラベルのチェックボックスがCanvasで表示されていない場合、Canvasの管理者がCanvasサポートに連絡し、お使いのCanvasアカウントでメンバーシップサービス設定を有効化する必要があります。 この機能を有効化しないと、Canvasから名簿を同期できません。 詳しい情報については、CanvasウェブサイトのHow do I contact Canvas Support? (Canvasサポートに連絡する方法) を参照してください。

  9. Submit(サブミット)をクリックしてください。

  10. 左のサイドバーで [Home] をクリックします。

  11. 左のサイドバーで [GitHub Classroom] をクリックし、Canvasが確認メールを送信するようにします。 メールの指示に従い、GitHub Classroomとの連携を完了します。

Moodleを設定する

GitHub ClassroomをMoodleのアクティビティとして設定し、クラスルームに名簿データをインポートできます。 Moodleに関する詳細は、Moodleのウェブサイトを参照してください。

Moodleのバージョンは3.0以上である必要があります。

  1. Moodleにサインインします。

  2. GitHub Classroomと連携するMoodleのコースを選択します。

  3. [Turn editing on] をクリックします。

  4. MoodleでGitHub Classroomを利用するところで、[Add an activity or resource] をクリックします。

  5. [External tool] を選択し、[Add] をクリックします。

  6. [Activity name] フィールドに、「GitHub Classroom」と入力します。

  7. [Preconfigured tool] フィールドで、ドロップダウンメニューの右にある [+] をクリックします。

  8. [External tool configuration] の下に、GitHub Classroom からコピーしたした構成認証情報を貼り付けます。 詳しい情報については、「クラスルームの構成認証情報を生成する」を参照してください。

    Moodleアプリケーション設定のフィールド値または設定
    Tool nameGitHub Classroom - あなたのクラスルーム名

    注釈: 任意の名前を設定できますが、わかりやすいよう、この値をお勧めします。
    Tool URLGitHub ClassroomからのLaunch URL
    LTI versionLTI 1.0/1.1
    Default launch container新規ウィンドウ
    Consumer keyGitHub ClassroomからのConsumer key
    共有シークレットGitHub ClassroomからのShared secret
  9. [Services] までスクロールしてクリックします。

  10. [IMS LTI Names and Role Provisioning] の右にあるドロップダウンメニューを選択し、[Use this service to retrieve members' information as per privacy settings] をクリックします。

  11. [Privacy] までスクロールしてクリックします。

  12. [Share launcher's name with tool] と [Share launcher's email with tool] の右にあるドロップダウンメニューをそれぞれ選択し、[Always] をクリックします。

  13. ページの下部でSave changes(変更の保存)をクリックしてください。

  14. [Preconfigure tool] メニューで、[GitHub Classroom - あなたのクラスルーム名] をクリックします。

  15. [Common module settings] で、[Availability] の右にあるドロップダウンメニューを選択し、[Hide from students] をクリックします。

  16. ページの下部で、[Save and return to course] をクリックします

  17. GitHub Classroom を表示したい場所に移動し、GitHub Classroomアクティビティをクリックします。

LMSから名簿をインポートする

LMSからGitHub Classroomへの名簿のインポートに関する詳細については、「クラスルームの管理」を参照してください。

LMSを切断する

  1. Sign into GitHub Classroom.
  2. In the list of classrooms, click the classroom you want to view.
    Classroom in list of classrooms for an organization
  3. Under the classroom name, click Settings.
    "Settings" tab for classroom
  4. [Connect to a learning management system (LMS)] の下にある、[Connection Settings] をクリックします。
    クラスルーム設定の [Connection settings]
  5. [Delete Connection to your learning management system] の下にある、[Disconnect from your learning management system] をクリックします。
    クラスルームへの接続設定にある [Disconnect from your learning management system] ボタン

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.