ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub ClassroomでRepl.itを使用する

Repl.itを、GitHub Classroomの課題のためのオンライン統合開発環境 (IDE) として設定できます。

ここには以下の内容があります:

Repl.itについて

Repl.itは、複数の複数のプログラミング言語をサポートするオンライン統合開発環境 (IDE) です。 学生はRepl.itを使ってブラウザでコードを記述、編集、実行、テスト、デバッグできます。 オンラインIDEおよびGitHub Classroomに関する詳しい情報については、「GitHub ClassroomとオンラインIDEの統合」を参照してください。

When a student accepts an assignment with an online IDE, the assignment repository will include a README.md file with a special button at the top of the file. The button links the student directly to the workspace in the online IDE.

学生がボタンをクリックして、初めてRepl.itにアクセスする際は、GitHub認証情報でMakeCode Arcadeにサインインする必要があります。 サインインすると、学生はRepl.itで完全に構成された、課題リポジトリのコードが含まれる開発環境にアクセスできます。

Repl.itでの作業に関する詳しい情報については、Repl.itクイックスタートガイドを参照してください。

グループ課題の場合、学生はRepl.it Multiplayerを利用して共同作業を行うことができます。 詳しい情報については、Repl.it Multiplayerのウェブサイトを参照してください。

Repl.itによる課題の提出について

デフォルトでは、Repl.itはGitHubの課題リポジトリにプッシュするよう設定されています。 MakeCode Arcadeで課題を進めた後、学生は左サイドバーのバージョン管理機能を使って、変更をGitHubにプッシュする必要があります。

Repl.itのバージョン管理機能

Repl.itにおけるGitの利用に関する詳しい情報については、Repl.itウェブサイト上のRepl.it + Git Tutorialを参照してください。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.