アプリケーション内でのGitHub marketplace APIの使用

GitHub Marketplace用に、アプリケーションにGitHub Marketplace APIとwebhookイベントを統合する方法を学んでください。

  • GItHub Marketplace API用のRESTエンドポイント

    GitHub Marketplace上でのアプリケーションの管理を支援するために、以下のGitHub Marketplace APIエンドポイントを使ってください。

  • GitHub Marketplace APIのためのwebhookイベント

    GitHub Marketplaceアプリケーションは、ユーザのプランに対する変更に関する情報を、Marketplaceの購入イベントwebhookから受け取ります。 Marketplaceの購入イベントは、ユーザが支払いプランの購入、キャンセル、変更をした場合にトリガーされます。

  • アプリをテストする

    リストをGitHub Marketplaceにサブミットする前に、APIとwebhookを使ってアプリケーションをテストし、顧客に理想的な体験を提供できるようにすることをGitHubはおすすめします。 オンボーディングの専門家の検証前に、アプリケーションは支払いフローを適切に処理しなければなりません。

  • 新しい購入や無料トライアルの処理

    顧客が有料プラン、無料のトライアル、あるいはGitHub Marketplaceアプリケーションの無料バージョンを購入した場合、purchasedアクションが付いたmarketplace_purchaseイベント webhookを受信することになり、それによって購入フローが開始されます。

  • プラン変更の処理

    GitHub Marketplace アプリケーションのアップグレードあるいはダウングレードによって、marketplace_purchase イベント webhookがchangedアクション付きでトリガされ、それによってアップグレードあるいはダウングレードのフローが開始されます。

  • プランのキャンセルの処理

    GitHub Marketplaceアプリケーションをキャンセルすると、marketplace_purchaseイベント webhookがcancelledアクション付きでトリガされます。これによって、キャンセルのフローが開始されます。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡