Skip to main content

GitHub Desktop を使ってみる

GitHub Desktop のセットアップ、認証、構成して、自分のマシンから直接プロジェクトに貢献できるようにする方法を学びます。

はじめに

GitHub Desktop は、コマンドラインや Web ブラウザの代わりに GUI を使用して GitHub とやり取りできるようにするアプリケーションです。 GitHub Desktop は、あなたとあなたの Team が Git および GitHub とベストプラクティスを使用して共同開発することを推奨します。 GitHub Desktop を使用すると、変更を視覚的に確認して、デスクトップからほとんどの Git コマンドを完了できます。 GitHub Desktop を使用してリモートリポジトリにプッシュ、プル、およびクローンを作成し、コミットの関連付けやプルリクエストの作成などのコラボレーションツールを使用できます。

このガイドは、アプリケーションのセットアップ、アカウントの認証、基本設定の構成、および GitHub Desktop を使用したプロジェクト管理の基本を紹介しており、GitHub Desktop の使用開始の際に役立ちます。 このガイドを実行すると、GitHub Desktop を使用してプロジェクトでコラボレーションを行い、リモートリポジトリに接続できるようになります。

GitHub Desktop を始める前に、Git と GitHub の基本を理解しておくと便利です。 詳細については、次の記事を参照してください。

GitHub Desktop はオープンソースプロジェクトです。 ロードマップの確認、プロジェクトへの貢献、および Issue をオープンしてフィードバックや機能のリクエストを提供することができます。 詳細については、desktop/desktop リポジトリを参照してください。

パート 1: インストールと認証

GitHub Desktop は、サポートされている任意のオペレーティングシステムにインストールできます。 詳細については、「サポートされているオペレーティング システム」を参照してください。

GitHub Desktop をインストールするには、GitHub Desktop のダウンロード ページにアクセスします。 詳細については、「GitHub Desktop のインストール方法」を参照してください。

GitHub Desktop をインストールした後、GitHub または GitHub Enterprise のアカウントでアプリケーションを認証できます。 認証されると、GitHub または GitHub Enterprise のリモートリポジトリに接続できます。

  1. GitHub または GitHub Enterprise に認証する前に、アカウントが必要になります。 アカウントの作成の詳細については、「新しい GitHub アカウントへのサインアップ」を参照するか、GitHub Enterprise のサイト管理者にお問い合わせください。

  2. [GitHub Desktop] ドロップダウン メニューで、 [ユーザー設定] をクリックします。 [ユーザー設定] ウィンドウで、 [アカウント] をクリックし、手順に従ってサインインします。 認証の詳細については、「GitHub に認証する」を参照してください。 GitHub の [サインイン] ボタン

  1. GitHub または GitHub Enterprise に認証する前に、アカウントが必要になります。 アカウントの作成の詳細については、「新しい GitHub アカウントへのサインアップ」を参照するか、GitHub Enterprise のサイト管理者にお問い合わせください。

  2. [ファイル] ドロップダウン メニューの [オプション] をクリックします。 [オプション] ウィンドウで、 [アカウント] をクリックし、手順に従ってサインインします。 認証の詳細については、「GitHub に認証する」を参照してください。 GitHub の [サインイン] ボタン

パート 2: GitHub Desktop のカスタマイズと設定

GitHub Desktop のインストール後、ニーズに最も合うようにアプリを設定してカスタマイズできます。

GitHub または GitHub Enterprise でのアカウントの接続または削除、デフォルトのテキストエディタやシェルの選択、Git 設定の編集、GitHub Desktop の外観の変更、システムダイアログボックスのカスタマイズ、GitHub Desktop の [Preferences] ウィンドウでのプライバシー設定ができます。 詳細については、「ベーシック設定」を参照してください。

[Preference] ウィンドウの基本設定

GitHub または GitHub Enterprise でのアカウントの接続または削除、デフォルトのテキストエディタやシェルの選択、Git 設定の編集、GitHub Desktop の外観の変更、システムダイアログボックスのカスタマイズ、GitHub Desktop の [Options] ウィンドウでのプライバシー設定ができます。 詳細については、「ベーシック設定」を参照してください。

[Options] ウィンドウの基本設定

パート 3: GitHub Desktop でプロジェクトに貢献する

アプリをインストール、認証、設定すると、GitHub Desktop を使用開始できます。 リポジトリを作成、追加、またはクローンし、GitHub Desktop を使用してリポジトリへのコントリビューションを管理できます。

リポジトリの作成、追加、クローン作成

新しいリポジトリを作成するには、[ファイル] メニューを選択し、 [新しいリポジトリ...] をクリックします。詳細については、「GitHub Desktop を使用して最初のリポジトリを作成する」を参照してください。

[ファイル] メニューを選択し、 [Add Local Repository...](ローカル リポジトリの追加...) をクリックすると、ローカル コンピューターから リポジトリを追加できます。詳細については、「ローカル コンピューターから GitHub Desktop へのリポジトリの追加」を参照してください。

GitHub からリポジトリを複製するには、[ファイル] メニューを選択し、 [リポジトリの複製...] をクリックします。詳細については、「GitHub Desktop からのリポジトリのクローンとフォーク」を参照してください。

リポジトリの作成、追加、およびクローン作成に関する [File] メニューオプション

リポジトリの作成、追加、およびクローン作成に関する [File] メニューオプション

ブランチでの変更

GitHub Desktop を使用して、プロジェクトのブランチを作成できます。 ブランチは、開発作業をリポジトリ内の他のブランチから分離するため、変更を安全に試すことができます。 詳細については、「ブランチを管理する」を参照してください。

[New Branch] ボタン

ブランチに変更を加えた後、GitHub Desktop で確認し、変更の追跡のためにコミットすることができます。 詳細については、「プロジェクトへの変更のコミットやレビュー」を参照してください。

コミットの表示と作成

変更にリモートでアクセスしたり、他のユーザと共有したりする場合は、コミットを GitHub にプッシュします。 詳細については、「GitHub に変更をプッシュする」を参照してください。

GitHub Desktop とのコラボレーション

GitHub Desktop を使用して、問題を作成したり、リクエストをプルして他のユーザとプロジェクトでコラボレーションしたりすることができます。 Issue は、アイデアを追跡し、プロジェクトに加えられる可能性のある変更について議論する際に役立ちます。 プルリクエストを使用すると、提案された変更を他のユーザと共有したり、フィードバックを受け取ったり、変更をプロジェクトにマージしたりすることができます。 詳細については、「issue もしくは pull request の作成」を参照してください。

自分またはコラボレータのプルリクエストは、GitHub Desktop で見ることができます。 GitHub Desktop でプルリクエストを表示し、デフォルトのテキストエディタでプロジェクトのファイルとリポジトリを開くと、提案された変更を確認して、追加の変更を加えることができます。 詳細については、「GitHub Desktop での pull request の表示」を参照してください。

ローカルリポジトリの同期を維持する

ローカルリポジトリに変更を加える場合、または他のユーザがリモートリポジトリに変更を加える場合は、プロジェクトのローカルコピーをリモートリポジトリと同期する必要があります。 GitHub Desktop は、コミットをプッシュおよびプルすることにより、プロジェクトのローカルコピーをリモートバージョンと同期させることができます。 詳細については、「ブランチの同期」を参照してください。

参考資料