ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Stashing changes

You can temporarily save your changes without committing them to a branch by stashing the changes.

ここには以下の内容があります:

About stashed changes

To apply your changes to your repository, you must save the files and then commit the changes to a branch. If you have saved changes that you are not ready to commit yet, you can stash the changes for later. When you stash changes, the changes are temporarily removed from the files and you can choose to restore or discard the changes later. You can only stash one set of changes at a time with GitHub Desktop. If you use GitHub Desktop to stash changes, all unsaved changes will be stashed. After you stash changes on a branch, you can safely change branches or make other changes to your current branch.

If you use GitHub Desktop to switch branches while you have saved, but not committed, changes, GitHub Desktop will prompt you to stash the changes or bring them to the other branch. 詳しい情報については、「ブランチを管理する」を参照してください。

Stashing changes

  1. changed files(変更されたファイル)ヘッダを右クリックしてください。

    変更されたファイルヘッダ

    変更されたファイルヘッダ

  2. Stash All Changes(すべての変更を隠す)をクリックしてください。

    すべての変更を隠すメニューアイテム

    すべての変更を隠すメニューアイテム

Restoring stashed changes

  1. 変更が隠されているブランチにいない場合は、Current Branch(現在のブランチ)をクリックし、続いて隠された変更を持つブランチをクリックしてください。 リポジトリ内ブランチのリスト

  2. 左サイドバーで [Stashed Changes] をクリックします。 [Stash changes] オプション

  3. Restore(リストア)をクリックしてください。

    隠された変更のリストアボタン

    隠された変更のリストアボタン

Discarding stashed changes

  1. 変更が隠されているブランチにいない場合は、Current Branch(現在のブランチ)をクリックし、続いて隠された変更を持つブランチをクリックしてください。 リポジトリ内ブランチのリスト

  2. 左サイドバーで [Stashed Changes] をクリックします。 [Stash changes] オプション

  3. Discard(破棄)をクリックしてください。

    隠された変更の破棄ボタン

    隠された変更の破棄ボタン

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.