ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Managing tags

You can use GitHub Desktop to create, push, and view tags.

ここには以下の内容があります:

About tags in GitHub Desktop

GitHub Desktop allows you to create annotated tags. You can use a tag to mark an individual point in your repository's history, including a version number for a release. For more information about release tags, see "About releases."

デフォルトでは、GitHub Desktopは作成したタグを関連するコミットと共にリポジトリにプッシュします。

Creating a tag

  1. History(履歴)をクリックしてください。
    サイドバーで選択されている履歴タブ
  2. コミットを右クリックして、Create Tag...(タグを作成...)をクリックしてください。
    タグの作成メニューアイテムの選択
  3. タグの名前を入力してください。
    タグの名前を入力
  4. Create Tag(タグの作成)をクリックしてください。

タグを表示する

  1. History(履歴)をクリックしてください。

    サイドバーで選択されている履歴タブ

  2. Click the commit.

    Note: GitHub Desktop displays an arrow if the tag has not been pushed to the remote repository.

    Viewing a tag in the history

  3. All tags associated with the commit are visible in that commit's metadata.

    Viewing a tag in the commit

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください