Skip to main content

GitHub Desktopからのリポジトリのクローンとフォーク

GitHub Desktopを使ってGitHub上にあるリポジトリをクローンしたりフォークしたりできます。

ローカルリポジトリについて

GitHub のリポジトリはリモートリポジトリです。 GitHub Desktop を使用してリポジトリのクローンを作成またはフォークして、コンピューター上にローカルリポジトリを作成できます。

リポジトリのクローンを作成することで、アクセス権を持つ GitHub に任意のリポジトリのローカルコピーを作成できます。 リポジトリを所有している場合、または書き込み権限がある場合は、ローカルとリモートの場所間で同期できます。 詳細については、「ブランチの同期」を参照してください。

リポジトリのクローンを作成するときに、GitHub にプッシュした変更は、元のリポジトリに影響します。 元のプロジェクトに影響を与えずに変更を加えるには、リポジトリをフォークして別のコピーを作成します。 プルリクエストを作成して、メンテナがフォークの変更を元のアップストリームリポジトリに組み込むことを提案できます。 詳細については、「フォークについて」を参照してください。

GitHub Desktop を使用して、書き込み権限のないリポジトリのクローンを作成しようとすると、GitHub Desktop によってフォークを自動的に作成するように求められます。 フォークを使用して、元の上流リポジトリに貢献するか、独自のプロジェクトで独立して作業するかを選択できます。 既存のフォークはデフォルトで、上流リポジトリへの変更に貢献します。 この選択はいつでも変更できます。 詳細については、「フォークの動作を管理する」を参照してください。

リポジトリをGitHub、またはGitHub Enterpriseから直接クローンすることもできます。 詳細については、「GitHub から GitHub Desktop にリポジトリをクローンする」を参照してください。

リポジトリをクローンする

  1. [ファイル] メニューの [リポジトリの複製] をクリックします。

    Mac アプリケーション内の [Clone] メニューオプション

    Windows アプリケーション内の [Clone] メニューオプション

    1. クローンしたいリポジトリの場所に対応するタブをクリックしてください。 **URL** をクリックして、リポジトリの場所を手動で入力することもできます。

    [Clone a repository] メニュー内の [Location] タブ

    [Clone a repository] メニュー内の [Location] タブ

    1. クローンしたいリポジトリをリストから選択します。

    リポジトリリストのクローン

    リポジトリリストのクローン

    1. **[選択]** をクリックし、リポジトリを複製するローカル パスへ移動します。

    Chooseボタン

    Chooseボタン

    1. **[複製]** をクリックします。

    Cloneボタン

    Cloneボタン

リポジトリをフォークする

書き込み権限のないリポジトリのクローンを作成すると、GitHub Desktop がフォークを作成します。 フォークを作成またはクローンした後、GitHub Desktop からフォークの使用方法について尋ねられます。

  1. [ファイル] メニューの [リポジトリの複製] をクリックします。

    Mac アプリケーション内の [Clone] メニューオプション

    Windows アプリケーション内の [Clone] メニューオプション

    1. クローンしたいリポジトリの場所に対応するタブをクリックしてください。 **URL** をクリックして、リポジトリの場所を手動で入力することもできます。

    [Clone a repository] メニュー内の [Location] タブ

    [Clone a repository] メニュー内の [Location] タブ

    1. クローンしたいリポジトリをリストから選択します。

    リポジトリリストのクローン

    リポジトリリストのクローン

    1. **[選択]** をクリックし、リポジトリを複製するローカル パスへ移動します。

    Chooseボタン

    Chooseボタン

    1. **[複製]** をクリックします。

    Cloneボタン

    Cloneボタン

    1. オリジナルの上流のリポジトリへのコントリビューションにこのフォークを使うつもりなのであれば、 **[To contribute to the parent project]** \(親プロジェクトへのコントリビュート\) をクリックしてください。

    親プロジェクトへのコントリビュートメニューオプション

    親プロジェクトへのコントリビュートメニューオプション

  2. 上流に接続されていないプロジェクトにこのフォークを使うつもりなのであれば、 [For my own purposes] (自分自身の目的のため) をクリックしてください。

    独立したプロジェクトへのコントリビュートメニューオプション

    独立したプロジェクトへのコントリビュートメニューオプション

  3. [続行] をクリックします。

    継続ボタン

    継続ボタン

フォークの動作を管理する

GitHub Desktop で、上流リポジトリでのフォークの動作を変更できます。

  1. [リポジトリ] メニューを開き、 [リポジトリの設定...] をクリックします。

    Macアプリケーションのリポジトリ設定メニューオプション

    Windowsアプリケーションのリポジトリ設定メニューオプション

    1. **[フォークの動作]** をクリックし、フォークの使用方法を選択します。

    フォークの動作メニュー内の親リポジトリへのコントリビュートオプション

    フォークの動作メニュー内の親リポジトリへのコントリビュートオプション

  2. [保存] をクリックします。

    フォークの動作メニューの保存ボタン

    フォークの動作メニューの保存ボタン

ローカル リポジトリのエイリアスを作成する

ローカル リポジトリのエイリアスを作成すると、GitHub Desktop 内にある同じ名前のリポジトリを区別することができます。 ローカル リポジトリのエイリアスを作成しても、リポジトリの GitHub での名前には影響しません。 リポジトリの一覧では、エイリアスが斜体で表示されます。

  1. GitHub Desktop の左上隅にある、現在のリポジトリ名の右側で、 をクリックします。
  2. エイリアスを作成するリポジトリを右クリックして、 [エイリアスの作成] をクリックします。
  3. リポジトリのエイリアスを入力します。
  4. [エイリアスの作成] をクリックします。

参考資料