Skip to main content

GitHub Desktopを介してのGitHubへの既存プロジェクト追加

GitHub Desktopを使用して、GitHubに既存のGitリポジトリを追加できます。

  1. コマンドラインを使って、リポジトリに現在設定されているGitリモートを削除してください。

    # Show existing remotes
    $ git remote -v
    > origin  git@git-server/octocat/hello-world.git (fetch)
    > origin  git@git-server/octocat/hello-world.git (push)
    # Remove existing remotes
    $ git remote remove origin
  2. GitHub Desktop にリポジトリを追加します

  3. ツールバーの [リポジトリの公開] ボタン。 ツールバーの [リポジトリの公開] ボタン

  4. "名前" フィールドに希望のリポジトリ名を入力するか、現在のデフォルトのローカル リポジトリ名を使用します。 "名前" フィールド

  5. パブリック リポジトリを公開するには、 [このコードを非公開のままにする] を選択解除します。 [このコードを非公開のままにする] チェックボックス

  6. [Organization] ドロップダウンで、リポジトリを公開する Organization を選択します。または、 [なし] を選択して、リポジトリを個人アカウントに公開します。 [Organization] ドロップダウン

  7. [リポジトリの公開] ボタンをクリックします。 [リポジトリの公開] ダイアログ内にある [リポジトリの公開] ボタン

  1. コマンドラインを使って、リポジトリに現在設定されているGitリモートを削除してください。

    # Show existing remotes
    $ git remote -v
    > origin  git@git-server/octocat/hello-world.git (fetch)
    > origin  git@git-server/octocat/hello-world.git (push)
    # Remove existing remotes
    $ git remote remove origin
  2. GitHub Desktop にリポジトリを追加します

  3. ツールバーの [リポジトリの公開] ボタン。 ツールバーの [リポジトリの公開] ボタン

  4. "名前" フィールドに希望のリポジトリ名を入力するか、現在のデフォルトのローカル リポジトリ名を使用します。 "名前" フィールド

  5. パブリック リポジトリを公開するには、 [このコードを非公開のままにする] を選択解除します。 [このコードを非公開のままにする] チェックボックス

  6. [Organization] ドロップダウンで、リポジトリを公開する Organization を選択します。または、 [なし] を選択して、リポジトリを個人アカウントに公開します。 [Organization] ドロップダウン

  7. [リポジトリの公開] ボタンをクリックします。 [リポジトリの公開] ダイアログ内にある [リポジトリの公開] ボタン