リポジトリの暗号化されたシークレットと Codespaces の Organization を管理する

暗号化されたシークレットを使用すると、機密情報を Organization、リポジトリ、または Codespaces に保存できます。

To manage secrets for Codespaces for an organization, you must be an organization owner.

Codespaces is available for organizations using GitHub Team or GitHub Enterprise Cloud. 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

シークレットについて

シークレットは、Organization またはリポジトリで作成する暗号化された環境変数です。 作成したシークレットは、Codespaces で使用できます。 GitHub は libsodium sealed box を使用して、シークレットが GitHub に到達する前に暗号化し、codespace で使用する場合にのみ復号化します。

Organization レベルのシークレットを使用すると、複数のリポジトリ間でシークレットを共有できるため、重複するシークレットを作成する必要が軽減されます。 アクセスポリシーを使用して、Organization のシークレットを使用できるリポジトリを制御できます。

シークレットを作成すると、新しいcodespaceを作成したり、codespaceを再起動したりすれば、利用できるようになります。 作成したばかりのシークレットを現在のcodespaceで使うには、codespaceを停止して再開しなければなりません。 codespaveの停止に関する情報については「Codespacesでのコマンドパレットの利用」を参照してください。

シークレットに名前を付ける

シークレットの名前には次のルールが適用されます。

  • シークレット名には、英数字([a-z][A-Z][0-9])または下線(_)のみを含めることができます。 スペースは使用できません。

  • シークレット名の最初を GITHUB_ プレフィックスにすることはできません。

  • シークレット名の最初を数字にすることはできません。

  • シークレット名は大文字と小文字を区別しません。

  • シークレット名は、作成されたレベルで一意である必要があります。 たとえば、リポジトリレベルで作成されたシークレットは、そのリポジトリ内で一意の名前である必要があり、Organization レベルで作成されたシークレットは、そのレベルで一意の名前である必要があります。

    複数のレベルで同じ名前のシークレットが存在する場合、低いレベルのシークレットが優先されます。 たとえば、Organization レベルのシークレット名がリポジトリレベルのシークレット名と同じ場合、リポジトリレベルのシークレット名が優先されます。

シークレットの制限

Organization ごとに最大 100 個のシークレット、リポジトリごとに最大 100 個のシークレットを保存できます。

シークレットの容量は最大64 KBです。

リポジトリにシークレットを追加する

Organization リポジトリのシークレットを作成するには、管理者アクセス権が必要です。

  1. GitHub.comで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. 左サイドバーで [Secrets] をクリックします。
  4. ページを下にスクロールし、[Secrets] で [Codespaces] を選択します。 サイドバーの Codespaces オプション
  5. ページの上部にある [New repository secret] をクリックします。
  6. [Name(名前)] 入力ボックスにシークレットの名前を入力します。
  7. シークレットの値を入力します。
  8. [Add secret(シークレットの追加)] をクリックします。

Organization にシークレットを追加する

Organizationでシークレットを作成する場合、ポリシーを使用して、そのシークレットにアクセスできるリポジトリを制限できます。 たとえば、すべてのリポジトリにアクセスを許可したり、プライベート リポジトリまたは指定したリポジトリ のリストのみにアクセスを制限したりできます。

Organizationのレベルでシークレットを作成するには、管理アクセス権を持っていなければなりません。

  1. GitHub.comで、Organizationのメインページにアクセスしてください。
  2. Organization 名の下で、クリックします Settings. Organizationの設定ボタン
  3. 左サイドバーで [Secrets] をクリックします。
  4. ページを下にスクロールし、[Secrets] で [Codespaces] を選択します。 サイドバーの Codespaces オプション
  5. ページの上部にある [New organization secret] をクリックします。
  6. [Name(名前)] 入力ボックスにシークレットの名前を入力します。
  7. シークレットの Value(値) を入力します。
  8. [ Repository access(リポジトリアクセス) ドロップダウン リストから、アクセス ポリシーを選択します。 プライベートリポジトリが選択された [Repository Access] リスト
  9. [Add secret(シークレットの追加)] をクリックします。

Organizationレベルのシークレットへのアクセスの確認

Organization 内のシークレットに適用されているアクセスポリシーを確認できます。

  1. GitHub.comで、Organizationのメインページにアクセスしてください。
  2. Organization 名の下で、クリックします Settings. Organizationの設定ボタン
  3. 左サイドバーで [Secrets] をクリックします。
  4. シークレットのリストには、設定済みのアクセス許可とポリシーが含まれます。 例: シークレットリスト
  5. 各シークレットに設定されているアクセス許可の詳細については、[Update(更新)] をクリックしてください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?