アカウントの Codespaces をパーソナライズする

GitHub の「dotfiles」リポジトリか Settings Sync を使用して、Codespaces をパーソナライズできます。

Codespaces is available for organizations using GitHub Team or GitHub Enterprise Cloud. 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

Codespaces のパーソナライズについて

開発環境を使用する場合、設定とツールを好みやワークフローに合わせてカスタマイズすることが重要です。 Codespaces では、Codespaces をパーソナライズするときに使用できる方法は主に 2 つあります。

  • Settings Sync - Codespaces と Visual Studio Code の他のインスタンス間で Visual Studio Code 設定を使用および共有できます。
  • Dotfiles – パブリックの dotfiles リポジトリを使用して、スクリプト、シェルの環境設定、およびその他の設定を指定できます。

Codespaces で行ったパーソナライズは、作成するすべての codespace に適用されます。

プロジェクトのメンテナは、ユーザが作成したリポジトリのすべての codespace に適用されるデフォルト設定を定義することもできます。 詳しい情報については、「プロジェクトの Codespaces を設定する」を参照してください。

Settings Sync

Settings Sync を使用すると、設定、キーボードショートカット、スニペット、機能拡張、UI の状態などの設定をマシンと Visual Studio Code のインスタンス間で共有できます。

To enable Settings Sync, in the bottom-left corner of the Activity Bar, select and click Turn on Settings Sync…. From the dialog, select which settings you'd like to sync.

管理メニューの Setting Sync オプション

詳しい情報については、Visual Studio Code ドキュメントの Settings Sync ガイドを参照してください。

Dotfiles

ドットファイルは、. で始まる Unix ライクなシステム上のファイルとフォルダであり、システム上のアプリケーションとシェルの設定を制御します。 ドットファイルは、GitHub のリポジトリに保存して管理できます。 dotfiles リポジトリに含める内容に関するアドバイスとチュートリアルについては、「GitHub does dotfiles」をご覧ください。

GitHub のユーザアカウントが dotfiles という名前のパブリックリポジトリを所有している場合、GitHub は、個人の Codespaces 設定から有効にすると、このリポジトリを自動的に使用して codespace 環境をパーソナライズできます。 プライベート dotfiles リポジトリは現在サポートされていません。

dotfiles リポジトリには、シェルのエイリアスと設定、インストールするツール、またはその他の codespace パーソナライゼーションを含めることができます。

新しいコードスペースを作成すると、GitHub は dotfiles リポジトリを codespace 環境にクローンし、次のいずれかのファイルを探して環境をセットアップします。

  • install.sh
  • install
  • bootstrap.sh
  • bootstrap
  • script/bootstrap
  • setup.sh
  • setup
  • script/setup

これらのファイルがいずれも見つからない場合、. で始まる dotfiles 内のファイルまたはフォルダは、codespace の ~ または $HOME ディレクトリにシンボリックリンクされます。

dotfiles リポジトリへの変更は、新しい codespace ごとにのみ適用され、既存の codespace には影響しません。

注釈: 現在、Codespaces は、dotfiles リポジトリを使用した Visual Studio Code エディタのユーザ設定のパーソナライズをサポートしていません。 プロジェクトのリポジトリ内の特定のプロジェクトに対して、デフォルトの ワークスペースおよびリモート [Codespaces] を設定できます。 詳しい情報については、「プロジェクトの Codespaces を設定する」を参照してください。

Enabling your dotfiles repository for Codespaces

You can use your public dotfiles repository to personalize your Codespaces environment. Once you set up that repository, you can add your scripts, preferences, and configurations to it. You then need to enable your dotfiles from your personal Codespaces settings page.

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. 左のサイドバーでCodespacesをクリックしてください。 ユーザ設定サイドバーのCodespacesタブ

  3. Under "Dotfiles", select "Automatically install dotfiles" so that Codespaces automatically installs your dotfiles into every new codespace you create. Installing dotfiles

    Note: This option is only available if you've created a public dotfiles repository for your user account.

You can add further script, preferences, configuration files to your dotfiles repository or edit existing files whenever you want. Changes to settings will only be picked up by new codespaces.

Other available settings

You can also personalize Codespaces using additional Codespaces settings:

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?