Skip to main content

リポジトリセキュリティアドバイザリの権限レベル

リポジトリセキュリティアドバイザリで取れるアクションは、セキュリティアドバイザリに対して持っているのが管理権限なのか書き込み権限なのかによります。

この記事は、リポジトリレベルのセキュリティアドバイザリにのみ適用されます。 github.com/advisoriesにあるGitHub Advisory Database内のグローバルセキュリティアドバイザリには、誰でもコントリビュートできます。 グローバルアドバイザリを編集しても、そのアドバイザリがリポジトリでどのように表示されるかは変更されず、影響されることもありません。 詳しい情報については「GitHub Advisory Database中のセキュリティアドバイザリの編集」を参照してください。

権限の概要

リポジトリに対する管理者権限があるユーザなら誰でも、セキュリティアドバイザリを作成できます。

リポジトリに対する管理者権限を持っている人は、そのリポジトリ内のすべてのセキュリティアドバイザリに対する管理権限も持ちます。 セキュリティアドバイザリに対する管理者権限を持っている人は、コラボレータを追加でき、コラボレータはセキュリティアドバイザリに対する書き込み権限を持ちます。 セキュリティアドバイザリへのコラボレータの追加に関する詳しい情報については「リポジトリセキュリティアドバイザリへのコラボレータの追加」を参照してください。

アクションWrite 権限Admin 権限
セキュリティアドバイザリのドラフトを表示するXX
セキュリティアドバイザリへのコラボレータの追加(「リポジトリセキュリティアドバイザリへのコラボレータの追加」参照)X
セキュリティアドバイザリでコメントを編集および削除するXX
セキュリティアドバイザリに一時的なプライベートフォークを作成する (「一時的なプライベートフォークで、リポジトリのセキュリティ脆弱性を解決するためにコラボレートする」を参照)X
セキュリティアドバイザリの一時的なプライベートフォークに変更を追加する (「一時的なプライベートフォークで、リポジトリのセキュリティ脆弱性を解決するためにコラボレートする」を参照)XX
一時的なプライベートフォークにPull Requestを作成する (「一時的なプライベートフォークで、リポジトリのセキュリティ脆弱性を解決するためにコラボレートする」を参照)XX
セキュリティアドバイザリの変更をマージする (「一時的なプライベートフォークで、リポジトリのセキュリティ脆弱性を解決するためにコラボレートする」を参照)X
セキュリティアドバイザリのメタデータを追加および編集する (「リポジトリのセキュリティアドバイザリを公開する」を参照)XX
セキュリティアドバイザリのクレジットを追加および削除する(「リポジトリのセキュリティアドバイザリを編集する」を参照)XX
セキュリティアドバイザリのドラフトをクローズするX
セキュリティアドバイザリを公開する (「リポジトリのセキュリティアドバイザリを公開する」を参照)X

参考リンク