Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

CodeQL の既定の設定のトラブルシューティング

既定のcode scanning設定で問題が生じている場合、以下の問題解決のためのヒントを使ってトラブルシューティングできます。

Code scanning は、GitHub.com のすべてのパブリック リポジトリに使用できます。 Code scanning は、GitHub Enterprise Cloud を使用していて GitHub Advanced Security のライセンスを持つ Organization によって所有されるプライベート リポジトリでも使用できます。 詳しくは、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

既存の CodeQL ワークフローの無効化

CodeQL という名前の 2 つのワークフローが表示される場合は、既存の CodeQL ワークフロー ファイルによってトリガーされるワークフローを無効にする必要があります。 リポジトリのメイン ページに移動し、 [アクション] をクリックします。 サイドバーで、 CodeQL という名前の 2 つのワークフローを見つけて、両方のワークフローを開きます。 ワークフロー タイトルの後にある、ワークフロー ファイルへのリンクを探します。 このファイルには、codeql.yml または codeql-analysis.yml という名前が付けられている可能性があります。 関連付けられたワークフロー ファイルを含む CodeQL ワークフローが見つかったら、ワークフローの概要ページで を選択し、 [ワークフローの無効化] をクリックします。 ワークフローの無効化について詳しくは、「ワークフローの無効化と有効化」をご覧ください。

予想よりも多くの GitHub Actions 分数を使用する

リポジトリで予想よりも多くの GitHub Actions 分を使用していて、以前に CodeQL の詳細設定を使用してリポジトリをスキャンした場合は、既定の CodeQL 設定に加えて、既存のワークフロー ファイルが実行されている可能性があります。 既存のワークフローの無効化について詳しくは、「CodeQL の既定の設定のトラブルシューティング」をご覧ください。

必要に応じて、既存のワークフロー ファイルが不要になったと確信できる場合は、代わりにリポジトリからファイルを削除できます。 詳しくは、「リポジトリのファイルを削除する」を参照してください。

既定の設定の有効化に時間がかかりすぎる

既定の設定の有効化に時間がかかりすぎる場合は、ワークフローの実行を取り消して設定を再起動してみてください。 設定を再起動するには、リポジトリのメイン ページに移動し、 [アクション] をクリックします。 進行中の CodeQL ワークフロー実行をクリックし、 [ワークフローの取り消し] をクリックします。 がワークフロー実行名の横に表示されたら、 [コードのセキュリティと分析] 設定に戻り、既定の設定を再度有効にします。 既定の設定が停止し続ける場合は、GitHub Support に問い合わせるか、詳細設定を有効にしてみてください。 詳しくは、「リポジトリの code scanning を構成する」を参照してください。

ワークフロー実行をトリガーした内容が不明

分析をトリガーした理由がわからない場合は、最後のスキャンのログを確認してください。 最後のスキャンのログの表示について詳しくは、「Code scanningログの表示」をご覧ください。