Skip to main content

GitHub アカウントの支払いについて

GitHub には、すべての開発者あるいは Team に対して無償版と有償版の製品が用意されています。

自分のアカウントに利用できる製品の詳細については、「GitHub の製品」を参照してください。 各製品の料金と機能の全リストは https://github.com/pricing に掲載されています。 GitHub はカスタムの製品やプランは提供しません。

支払いは月単位あるいは年単位を選択でき、プランのアップグレードやダウングレードはいつでもできます。 詳細については、GitHub アカウントの請求管理に関するページを参照してください。

既存の GitHub の支払い情報で追加の機能や製品をご購入いただくことができます。 詳細については、GitHub の請求に関するページを参照してください。

GitHub の各アカウントは、個別に課金されます。 組織アカウントをアップグレードすると、組織のリポジトリに対してのみ有料機能が有効になり、関連付けられている個人アカウントが所有するリポジトリで使用できる機能には影響しません。 同様に、個人アカウントをアップグレードすると、個人アカウントのリポジトリに対してのみ有料機能が有効になり、組織アカウントのリポジトリには影響しません。 アカウントの種類の詳細については、「GitHub アカウントの種類」を参照してください。

支払い設定と有料の機能は、アカウントごとに個別に管理しなければなりません。 個人アカウント、Organizationアカウント、Enterpriseアカウントの設定は、各設定ページのコンテキストスイッチャを使って切り替えできます。 詳細については、「様々なアカウントの設定の切り替え」を参照してください。

参考: GitHub では、アカデミック割引をご利用いただける確認済みの生徒およびアカデミック機関向けのプログラムをご用意しています。 詳細については、「GitHub Education」を参照してください。