👋 We've unified all of GitHub's product documentation in one place! Check out the content for REST API, GraphQL API, and Developers. Stay tuned for a blog post later today.


ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Actionsでのパッケージング

パッケージを生成し、GitHub Packagesあるいはその他のパッケージホスティングプロバイダにアップロードするワークフローをGitHub Actionsでセットアップできます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Oneで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

パッケージングのステップについて

パッケージングのステップは、継続的インテグレーションあるいは継続的デリバリのワークフローの一般的な部分です。 アプリケーションをビルドしてテストした後、実行もしくはデプロイ可能な成果物がパッケージの形で生成されます。 たとえば、Javaのプロジェクトのための継続的インテグレーションのワークフローは、mvn packageを実行してJARファイルを生成するかもしれません。 あるいは、Node.jsアプリケーションのためのCIワークフローは、Dockerコンテナを作成するかもしれません。

ビルドしているアプリケーションの種類によって、このパッケージは手動でのテストのためにローカルにダウンロードしたり、ユーザーがダウンロードできるようにしたり、ステージングあるいはプロダクションの環境にデプロイしたりできます。

継続的インテグレーションワークフロー内でのパッケージング

継続的インテグレーションワークフローの終わりにパッケージを作成すれば、プルリクエストに対するコードレビューの間に役立つことがあります。 コードをビルドしてテストした後、パッケージングのステップで実行可能な、あるいはデプロイ可能な成果物を生成できます。 そしてワークフローはワークフローの一部として、この成果物をアップロードできます。

そうすれば、プルリクエストをレビューする際には、ワークフローの実行を見て生成された成果物をダウンロードできるでしょう。

成果物のダウンロードのドロップダウンメニュー

こうすれば、プルリクエスト中のコードを自分のマシン上で実行できるので、プルリクエストのデバッグやテストに役立ちます。

パッケージを公開するためのワークフロー

継続的インテグレーションのワークフロー中で、テストのためにパッケージ化された成果物をアップロードすることに加えて、プロジェクトをビルドして、パッケージをパッケージレジストリに公開するワークフローを作成できます。

  • GitHub Packagesへのパッケージの公開 GitHub Packagesは、多くの種類のパッケージについてパッケージホストティングサービスとして振る舞うことができます。 パッケージをGitHubのすべてと共有することも、パッケージをプライベートにしてコラボレータやOrganizationと共有することもできます。 詳しい情報については「GitHub Packagesについて」を参照してください。

    masterブランチにプッシュがある度に、パッケージをGitHub Packagesに公開したいかもしれません。 そうすれば、プロジェクトの開発者は常にmasterからの最新のビルドをGitHub Packagesからインストールして実行及びテストできるようになります。

  • パッケージレジストリへのパッケージの公開 多くのプロジェクトで、新しいバージョンのプロジェクトがリリースされたときにパッケージレジストリへの公開が行われます。 たとえば、JARファイルを生成するプロジェクトは、新しいリリースをMaven Centralリポジトリにアップロードするかもしれません。 あるいは、.NETのプロジェクトはnugetのパッケージを生成し、NuGet Galleryへアップロードするかもしれません。

    これは、リリースが作成される度にパッケージをパッケージレジストリに公開するワークフローを作成すれば、自動化できます。 詳しい情報については「リリースの作成」を参照してください。

参考リンク

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください