ジョブの実行時間を表示する

ジョブの実行時間 (ジョブの発生した支払対象の分を含む) を表示できます。

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

請求可能なジョブ実行時間(分)は、GitHub ホストランナーを使用するプライベートリポジトリで実行されるジョブに対してのみ表示されます。 パブリックリポジトリで GitHub Actions を使用する場合、またはセルフホストランナーで実行されるジョブの場合、請求対象となる実行時間はありません。

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下でActions(アクション)をクリックしてください。 メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ

  3. 左のサイドバーで、表示させたいワークフローをクリックしてください。 左サイドバーのワークフローのリスト

  4. ワークフローの実行リストから、表示させたい実行の名前をクリックしてください。 ワークフローの実行の名前

  5. ジョブの概要の下で、ジョブの実行時間を表示できます。 請求可能なジョブの実行時間に関する詳細を表示するには、Billable time(請求可能な時間)の下の時間をクリックしてください。 実行および支払請求可能な時間の詳細リンク

    ノート: 表示される請求可能な時間には、丸めや分数の乗数は含まれません。 四捨五入や分乗数を含む GitHub Actions の使用状況の合計を表示するには、「GitHub Actions の使用状況を表示する」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡