ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Scheduling issue creation

You can use GitHub Actions to create an issue on a regular basis for things like daily meetings or quarterly reviews.

GitHub ActionsはGitHub Free、GitHub Pro、GitHub FreeのOrganization、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server、GitHub One、GitHub AEで利用できます。 GitHub Actionsは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

ここには以下の内容があります:

はじめに

This tutorial demonstrates how to use the imjohnbo/issue-bot action to create an issue on a regular basis. For example, you can create an issue each week to use as the agenda for a team meeting.

In the tutorial, you will first make a workflow file that uses the imjohnbo/issue-bot action. Then, you will customize the workflow to suit your needs.

ワークフローの作成

  1. このプロジェクト管理ワークフローを適用したいリポジトリを選択してください。 書き込みアクセス権を持つ既存のリポジトリを利用することも、新しいリポジトリを作成することもできます。 リポジトリの作成に関する詳細は「新しいリポジトリの作成」を参照してください。

  2. リポジトリに、.github/workflows/YOUR_WORKFLOW.ymlというファイルをYOUR_WORKFLOWの部分を選択した名前で置き換えて作成してください。 これがワークフローファイルです。 GitHub上での新しいファイルの作成に関する詳しい情報については「新しいファイルの作成」を参照してください。

  3. Copy the following YAML contents into your workflow file.

    YAML
    name: Weekly Team Sync
    on:
      schedule:
        - cron: 20 07 * * 1
    
    jobs:
      create_issue:
        name: Create team sync issue
        runs-on: ubuntu-latest
        steps:
          - name: Create team sync issue
            uses: imjohnbo/issue-bot@v3.0
            with:
              assignees: "monalisa, doctocat, hubot"
              labels: "weekly sync, docs-team"
              title: "Team sync"
              body: |
                ### Agenda
    
                - [ ] Start the recording
                - [ ] Check-ins
                - [ ] Discussion points
                - [ ] Post the recording
    
                ### Discussion Points
                Add things to discuss below
    
                - [Work this week](https://github.com/orgs/github/projects/3)
              pinned: false
              close-previous: false
            env:
              GITHUB_TOKEN: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}
  4. Customize the parameters in your workflow file:

    • Change the value for on.schedule to dictate when you want this workflow to run. In the example above, the workflow will run every Monday at 7:20 UTC. For more information about scheduled workflows, see "Scheduled events."
    • Change the value for assignees to the list of GitHub usernames that you want to assign to the issue.
    • Change the value for labels to the list of labels that you want to apply to the issue.
    • Change the value for title to the title that you want the issue to have.
    • Change the value for body to the text that you want in the issue body. The | character allows you to use a multi-line value for this parameter.
    • If you want to pin this issue in your repository, set pinned to true. For more information about pinned issues, see "Pinning an issue to your repository."
    • If you want to close the previous issue generated by this workflow each time a new issue is created, set close-previous to true. The workflow will close the most recent issue that has the labels defined in the labels field. To avoid closing the wrong issue, use a unique label or combination of labels.
  5. ワークフローファイルを、リポジトリのデフォルトブランチにコミットしてください。 詳細は「新しいファイルを作成する」を参照してください。

Expected results

Based on the schedule parameter (for example, every Monday at 7:20 UTC), your workflow will create a new issue with the assignees, labels, title, and body that you specified. If you set pinned to true, the workflow will pin the issue to your repository. If you set close-previous to true, the workflow will close the most recent issue with matching labels.

ノート: scheduleイベントは、GitHub Actionsのワークフローの実行による高負荷の間、遅延させられることがあります。 高負荷の時間帯には、毎時の開始時点が含まれます。 遅延の可能性を減らすために、Ⅰ時間の中の別の時間帯に実行されるようワークフローをスケジューリングしてください。

You can view the history of your workflow runs to see this workflow run periodically. 詳しい情報については、「ワークフロー実行の履歴を表示する」を参照してください。

次のステップ

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.