Skip to main content
We publish frequent updates to our documentation, and translation of this page may still be in progress. For the most current information, please visit the English documentation.

複数の個人アカウントのマージ

業務用と個人用に別々のアカウントを持っている場合は、アカウントをマージできます。

ヒント: 個人用と業務用のリポジトリの両方を 1 つの個人アカウントのみで管理することをお勧めします。

警告:

  • 組織とリポジトリのアクセス許可はアカウント間で移動できません。 削除するアカウントにアクセス許可が与えられている場合、組織の所有者またはリポジトリ管理者は、保持するアカウントを招待する必要があります。
  • GitHub 提供の noreply メール アドレスで作成されたコミットはアカウント間で転送できません。 削除するアカウントで [Keep my email address private] オプションが使用された場合、削除するアカウントで作成されたコミットを、保持するアカウントに転送することはできません。
  1. 削除するアカウントから保持するアカウントにリポジトリを転送します。 Issue、プルリクエスト、ウィキも移譲されます。 リポジトリが、残しておくアカウントに存在することを確認します。
  2. 移動されたリポジトリのローカル クローンでリモート URL を更新します。
  3. 使用しなくなったアカウントを削除します。
  4. 新しいアカウントに過去のコミットを属させるには、コミットの作成に使用したメール アドレスを、保持しているアカウントに追加します。 詳細については、「自分の投稿がプロフィールに表示されないのはなぜですか?」を参照してください。

参考資料