ja このドキュメントは英語から翻訳されました。 このドキュメントのこのバージョンと英語バージョンとの間に何らかの矛盾、曖昧さ、明らかな非一貫性があるばあい、英語バージョンが支配的なバージョンです。 翻訳の改善についての示唆があるなら、弊社のサイトポリシーリポジトリでIssueをオープンしてください。

GitHubコミュニティガイドライン

ここには以下の内容があります:

GitHub では、何百万人もの開発者が何百万ものプロジェクト(オープンソースとクローズドソースの両方)をホストしています。私たちは、コミュニティの日々のコラボレーションに貢献できることを光栄に思います。 私たちには、誇りに思うことができるコミュニティを実現するための素晴らしいチャンスがあると同時に、責任も背負っています。

世界中の GitHub ユーザたちの持つ視点、アイデア、経験は十人十色。数日前に初めて「Hello World」プロジェクトを作った人から、世界で最も有名なソフトウェア開発者まで、さまざまなユーザがいます。 私たちは、GitHub をコミュニティ内のさまざまな意見や視点に対応した快適な環境にし、人々が自由に自分を表現できるスペースになるよう取り組んでいます。

We rely on our community members to communicate expectations, moderate their projects, and Report abuse or Report content. By outlining what we expect to see within our community, we hope to help you understand how best to collaborate on GitHub, and what type of actions or content may violate our Terms of Service, which include our Acceptable Use Policies. 当社は不正行為の報告を調査し、利用規約に違反していると判断したサイトの公開コンテンツをモデレートする場合があります。

強いコミュニティを作る

GitHub コミュニティの主な目的は、ソフトウェアプロジェクトの共同作業です。 私たちの望みは、そんな皆様の共同作業がより良くなることです。 当社はサイトを管理していますが、これは私たちが共に構築するコミュニティです。それを最高のものにするためには、皆様のサポートが必要です。

  • 広い心で受け入れる - 他のコラボレータとあなたとでは、経験値やバックグラウンドが異なるかもしれませんが、だからといって相手がコントリビューションにつながる良いアイデアを持っていないということにはなりません。 新たなコラボレータや、かけだしのユーザーは歓迎してあげましょう。

  • お互いを尊重し合うこと。無礼な態度ほど、健全な会話を妨げるものはありません。 礼儀正しく、大人の態度を保ちましょう。一般的に攻撃的、虐待的、ヘイトスピーチとみなされるような内容を投稿しないでください。 嫌がらせや、人が悲しむような行為は禁止されています。 あらゆるやり取りにおいて、お互いに品位と配慮をもって接しましょう。

    意見に反対したいこともあるでしょう。 それは全くかまいません。 ただし、批判すべきはアイデアであって、人ではありません。 悪口、個人攻撃、投稿の内容ではなく口調に対する応答、脊髄反射的な反論を行うのではなく、 会話の質を高めるような、理論的な反論を行いましょう。

  • 共感をもってコミュニケーションを行う - 意見の不一致や相違はよくあることです。 コミュニティの一員であることは、あなたとは違った背景や視点を持つさまざまな人と交流するということです。 誰かと意見が合わない場合は、それを直に伝える前に、その人を理解し、相手の立場に立ってみるようにしましょう。 こうすることで、質問や議論への参加、コントリビューションなどがしやすい、敬意と親密さに満ちた雰囲気が作られます。

  • 明確に伝え、トピックから逸脱しない - GitHub は、仕事を進めたり生産性を高めたりするために使われるものです。 トピックから逸脱したコメントは、生産的に働いて仕事を終わらせるという目的から気をそらしてしまいます(たまにはいいかもしれませんが、普段は慎みましょう)。 トピックに集中することで、ポジティブで生産的な議論が生まれます。

    また、インターネット上で見知らぬ人とやりとりする場合は、注意深さが求められます。 口調を伝えたり読み取ったりすることは難しく、皮肉な言葉が誤解されることも少なくありません。 明確な言葉を用い、相手がそれをどのように受け取るかを考えるようにしましょう。

嫌な思いをしたら

対応が必要な問題が当社の耳に入るかどうかは、コミュニティにかかっています。 私たちが攻撃的なコンテンツについてサイトを積極的に監視することはありません。 サイトで不快な思いをした場合は、GitHub が提供するいくつかのツールを使用することですぐに行動を取ることができます。

  • 期待を伝える - コミュニティ固有の独自のガイドラインを設定していないコミュニティに参加する場合は、プルリクエストを送信して、README ファイルまたは CONTRIBUTING ファイル、または専用の行動規範のいずれかで参加することを推奨します。

  • コメントをモデレートする - リポジトリの書き込みアクセス権限がある場合、コミット、プルリクエスト、および Issue に関するコメントを編集、削除、または非表示にすることができます。 リポジトリの読み取りアクセスがあれば、誰でもコミットの編集履歴を見ることができます。 コメントの作者とリポジトリの書き込みアクセスがある人は、コメントの編集履歴から機密情報を削除できます。 詳細については、「コメントの変更を追跡する」および「混乱を生むコメントを管理する」を参照してください。

  • 会話をロックする  - Issue やプルリクエストのディスカッションが制御不能になった場合は、会話をロックできます。

  • ユーザーをブロックする  - 繰り返し不適切な行動を取るユーザに遭遇した場合は、ユーザを個人アカウントからブロックしたり、ユーザを Organization からブロックできます。

Of course, you can always contact us to Report abuse if you need more help dealing with a situation.

禁止事項

私たちは、ユーザが自由に自己表現し、それが技術的な内容であろうがそうでなかろうが、お互いのアイデアについて意見を交換できるコミュニティを維持できるように取り組んでいます。 しかし、コミュニティのメンバーが怒鳴られたり、発言するのが怖いためにアイデアが出てこない場合、このようなディスカッションから実りある対話が生まれることは少ないでしょう。 このため、常に敬意を払い、礼儀正しく振る舞うべきで、相手が何者かであるかを根拠にして他人を攻撃することは控えるべきです。 当社は、一線を越えた次のような行為を許容しません。

誰かがルールに違反した場合は

ユーザから不適切な行動やコンテンツの報告があった場合に当社が講じる措置はさまざまです。 これは、事態の正確な状況次第で決まるのが普通です。 人はさまざまな理由で不適切な発言や行動をしてしまうことがあるというのが、当社の認識です。 自分の言葉がどのように受け取られるのかをわかっていなかったという場合もあるでしょう。 または、つい感情的になってしまったという場合もあるでしょう。 もちろん、単にスパムをばらまいたり、トラブルを引き起こすことを目的とする人がいることも事実です。

ケースバイケースで異なるアプローチが必要なため、当社は報告を受けた状況に合った対応を行うように心がけています。 このため、不正行為に関する報告は個別に確認しています。 いずれの場合も、多様性に富んだチームがコンテンツとそれに関する事情を調査し、必要に応じて対応し、このガイドラインに基づいて決定を下します。

不正行為の報告を受けた際に当社が講じる措置には以下が含まれますが、これらに限定されません。

  • コンテンツの削除
  • コンテンツのブロック
  • アカウントの一時停止
  • アカウントの解約

法的通知

本コミュニティガイドラインは、CC0-1.0 の条件に基づいて、誰でも使用、再利用、改作、その他あらゆることが可能になるようにパブリックドメインになっています。

これはあくまでもガイドラインであり、利用規約を変更するものや、完全なリストであることを意図したものではありません。 GitHub は、利用規約に基づいて、利用規定に違反するコンテンツを削除するか、または利用規定に違反する活動のアカウントを解約することができる、完全な裁量を保持します。 本ガイドラインでは、かかる裁量を行使する場合について説明しています。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.