ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

インボックスからの通知を管理する

Use your inbox to quickly triage and sync your notifications across email and mobile.

ここには以下の内容があります:

インボックスについて

GitHub及びGitHub for mobile上で通知インボックスを使うには、通知設定でWeb及びモバイル通知を有効化しなければなりません。 詳しい情報については、「通知を設定する」を参照してください。

インボックスへアクセスするには、任意のページの右上で、 をクリックします。

未読メッセージを示す通知

インボックスには、登録を解除していないか、Done とマークされていないすべての通知が表示されます。ワークフローに対して最適な形になるよう、フィルタを使用してインボックスをカスタマイズし、すべてまたは未読の通知を表示して、通知をグループ化することで概要をすばやく確認できます。

インボックスビュー

デフォルトでは、インボックスに既読と未読の通知が表示されます。 未読の通知のみを表示するには、[Unread] をクリックするか、is:unread クエリを使用します。

未読のインボックスイビュー

トリアージオプション

インボックスからの通知をトリアージする場合のオプションは次のとおりです。

トリアージオプション説明
Save後で確認するために、通知を保存します。 通知を保存するには、通知の右側にある をクリックします。

保存済の通知は無期限に保持され、サイドバーの [Saved] をクリックするか、is:saved クエリで表示できます。 5か月以上前に保存した通知の保存を解除すると、通知は1日以内にインボックスから消えます。
完了通知を完了済としてマークし、受信トレイから通知を削除します。 サイドバーの [Done] をクリックするか、is:done クエリを使用すると、完了した通知をすべて表示できます。 完了済としてマークされている通知は、5か月間保持されます。
サブスクライブ解除します@メンションされるか、参加している Team が@メンションされるか、またはレビューがリクエストされるまで、インボックスから通知を自動的に削除し、会話からサブスクライブ解除します。
Read通知を既読としてマークします。 インボックスで既読の通知のみを表示するには、is:read クエリを使用します。 このクエリには、完了としてマークされた通知は含まれません。
Unread通知を未読としてマークします。 インボックスで未読の通知のみを表示するには、is:unread クエリを使用します。

利用可能なキーボードショートカットについて詳しくは、「キーボードショートカット」を参照してください。

トリアージオプションを選択する前に、まず通知の詳細をプレビューして調査することができます。 詳しい情報については、「単一の通知をトリアージする」を参照してください。

複数の通知を同時にトリアージする

複数の通知を同時にトリアージするには、関連する通知を選択し、 ドロップダウンを使用してトリアージオプションを選択します。

トリアージオプションと選択した通知を含むドロップダウンメニュー

デフォルト通知フィルタ

デフォルトでは、インボックスには、割り当てられたとき、スレッドに参加したとき、プルリクエストの確認をリクエストされたとき、ユーザ名が直接 @メンションされたとき、またはメンバーになっている Team が @メンションされたときのフィルタがあります。

デフォルトのカスタムフィルタ

カスタムフィルタでインボックスをカスタマイズする

独自のカスタムフィルタを 15 個まで追加できます。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。

    未読メッセージを示す通知

  2. フィルタ設定を開くには、左側のサイドバーの [Filters] の横にある をクリックします。

    ヒント: インボックスビューでクエリを作成し、[Save] をクリックすると、カスタムフィルタの設定が開き、フィルタのインボックスの結果をすばやくプレビューできます。

  3. フィルタの名前とフィルタクエリを追加します。 たとえば、特定のリポジトリの通知のみを表示するには、repo:octocat/open-source-project-name reason:participating クエリを使用してフィルタを作成できます。 ネイティブの絵文字キーボードを使用して、絵文字を追加することもできます。 サポートされている検索クエリのリストについては、「カスタムフィルタでサポートされているクエリ」を参照してください。

    カスタムフィルタの例

  4. Create(作成)をクリックしてください。

カスタムフィルタの制限

カスタムフィルタは現在、以下をサポートしていません。

  • プルリクエストや Issue のタイトルの検索を含む、インボックスでの全文検索。
  • is:issueis:pr、および is:pull-request クエリフィルタの区別。 これらのクエリは、Issue とプルリクエストの両方を検索結果として表示します。
  • 15 個以上のカスタムフィルタの作成。
  • デフォルトのフィルタまたはその順序の変更。
  • NOT または -QUALIFIER を使用した exclusion の検索。

カスタムフィルタでサポートされているクエリ

These are the types of filters that you can use:

  • repo: を使用したリポジトリによるフィルタ
  • is: を使用したディスカッションタイプによるフィルタ
  • Filter by notification reason with reason:
  • Filter by notification author with author:
  • Filter by organization with org:

Supported repo: queries

To add a repo: filter, you must include the owner of the repository in the query: repo:owner/repository. An owner is the organization or the user who owns the GitHub asset that triggers the notification. For example, repo:octo-org/octo-repo will show notifications triggered in the octo-repo repository within the octo-org organization.

サポートされている is: クエリ

GitHub での特定のアクティビティの通知をフィルタするには、is クエリを使用できます。 たとえば、リポジトリの招待の更新のみを表示するには、is:repository-invitation を使用し、Dependabotアラートのみを表示するには、is:repository-vulnerability-alertを使用します。

  • is:check-suite

  • is:commit

  • is:gist

  • is:issue-or-pull-request

  • is:release

  • is:repository-invitation

  • is:repository-vulnerability-alert

  • is:repository-advisory

  • is:team-discussion

  • is:discussions

  • Dependabot alertsからの通知を減らす方法については、「脆弱性のある依存関係の通知を設定する」を参照してください。

is: クエリを使用して、通知がトリアージされた方法を記述することもできます。

  • is:saved
  • is:done
  • is:unread
  • is:read

サポートされている reason: クエリ

更新を受信した理由で通知をフィルタするには、reason: クエリを使用できます。 たとえば、自分 (または自分が所属する Team) がプルリクエストのレビューをリクエストされたときに通知を表示するには、reason:review-requested を使用します。 詳しい情報については、「通知について」を参照してください。

クエリ説明
reason:assign割り当てられている Issue またはプルリクエストに更新があるとき。
reason:authorプルリクエストまたは Issue を開くと、更新または新しいコメントがあったとき。
reason:commentIssue、プルリクエスト、または Team ディスカッションにコメントしたとき。
reason:participatingIssue、プルリクエスト、Team ディスカッションについてコメントしたり、@メンションされているとき。
reason:invitationTeam、Organization、またはリポジトリに招待されたとき。
reason:manualまだサブスクライブしていない Issue またはプルリクエストで [Subscribe] をクリックしたとき。
reason:mention直接@メンションされたとき。
reason:review-requested自分または参加している Team が、プルリクエストを確認するようにリクエストされているとき。
reason:security-alertリポジトリに対してセキュリティアラートが発行されたとき。
reason:state-changeプルリクエストまたは Issue の状態が変更されたとき。 たとえば、Issue がクローズされたり、プルリクエストがマージされた場合です。
reason:team-mentionメンバーになっている Team が@メンションされたとき。
reason:ci-activityリポジトリに、新しいワークフロー実行ステータスなどの CI 更新があるとき。

Supported author: queries

To filter notifications by user, you can use the author: query. An author is the original author of the thread (issue, pull request, gist, discussions, and so on) for which you are being notified. For example, to see notifications for threads created by the Octocat user, use author:octocat.

Supported org: queries

To filter notifications by organization, you can use the org query. The organization you need to specify in the query is the organization of the repository for which you are being notified on GitHub. This query is useful if you belong to several organizations, and want to see notifications for a specific organization.

For example, to see notifications from the octo-org organization, use org:octo-org.

Dependabot custom filters

If you use Dependabot to keep your dependencies up-to-date, you can use and save these custom filters:

  • is:repository_vulnerability_alert to show notifications for Dependabot alerts.
  • reason:security_alert to show notifications for Dependabot alerts and security update pull requests.
  • author:app/dependabot to show notifications generated by Dependabot. This includes Dependabot alerts, security update pull requests, and version update pull requests. For more information about

Dependabot, see "About managing vulnerable dependencies."

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.