ja ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub アカウントの種類

ユーザアカウントは GitHub 上での身分証明となります。 ユーザーアカウントは、任意の数の Organization のメンバーになることができます。 Organization は Enterprise アカウントに所属できます。

ここには以下の内容があります:

各 GitHub 製品の機能の完全なリストについては、「GitHub の製品」を参照してください。

個人ユーザアカウント

GitHub を使用するすべての人は、次のような独自のユーザーアカウントを持っています。

  • GitHub Free での無制限のパブリックリポジトリおよびプライベートリポジトリ
  • GitHub Free での無制限のコラボレータ
  • GitHub Pro でのプライベートリポジトリの追加機能
  • リポジトリのコラボレーターを招待する機能

ヒント:

  • 個人での使用や仕事での使用など、1 つのアカウントを複数の目的で使用できます。 複数のアカウントを作成することはおすすめしません。 詳細は「複数のユーザアカウントをマージする」を参照してください。
  • ユーザアカウントは人間のためのものですが、必要に応じて継続的インテグレーションボットなどのロボットに付与することもできます。

Organization アカウント

Organization は、多くの人がいくつものプロジェクトにわたって同時にコラボレーションできる共有アカウントです。 オーナーと管理者は、Organizationのデータとプロジェクトへのメンバーのアクセスを、洗練されたセキュリティ及び管理機能で管理できます。

Organizationには以下が含まれます。

Enterprise アカウント

Enterprise アカウントを使用すると、複数の GitHub.com Organization のポリシーと支払いを集中管理できます。 Enterprise accounts are available with GitHub Enterprise Cloud and GitHub Enterprise Server. For more information, see "About enterprise accounts."

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.