ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリのバックアップ

API 、またはサードパーティツールを使用してリポジトリをバックアップできます。

リポジトリのアーカイブをダウンロードするには、ユーザあるいは Organization のマイグレーション用の API が利用できます。 詳しい情報については、「移行」を参照してください。

バックアップするすべてのコンテンツの ダウンロードしたり、外部ハードドライブにコピーしたり、Google DriveDropbox などのクラウドベースのバックアップサービスにアップロードしたりすることができます。

サードパーティのバックアップツール

リポジトリのバックアップを自動化するセルフサービスのツールはたくさんあります。 オプトアウトしておらず、誰でもデータにアクセスできるようにする GitHub 上のすべてのパブリックリポジトリをアーカイブするアーカイブプロジェクトとは異なり、バックアップツールは特定のリポジトリからデータをダウンロードし、新しいブランチまたはディレクトリ内に整理します。 アーカイブプロジェクトの詳細については、「GitHub のコンテンツとデータのアーカイブについて」を参照してください。 ー

BackHub を使用すると、リポジトリのすべての Git データ(プロジェクトファイルやコミット履歴など)と GitHub からの多くのデータ(Issue やプルリクエストなど)をバックアップできます。これにより、最大 30 日前までのスナップショットを使用して、リポジトリの日次の定期バックアップが作成されます。 BackHub は GitHub Marketplaceから利用できます。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.