ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリのアーカイブで Git LFS オブジェクトを管理する

Git Large File Storage(Git LFS)オブジェクトを、GitHub がリポジトリ用に作成する ZIP ファイルや tarball などのソースコードアーカイブに含めるかどうかを選択できます。

リポジトリの管理者権限を持つユーザは、Git LFS オブジェクトがリポジトリのアーカイブに含まれているかどうかを管理できます。

ここには以下の内容があります:

アーカイブにある Git LFS オブジェクトについて

GitHub は、ZIP ファイルと tarball 形式でリポジトリのソースコードアーカイブを作成します。 これらのアーカイブは、リポジトリのメインページ、またはリリースアセットとしてダウンロードできます。 デフォルトでは、Git LFS オブジェクトはこれらのアーカイブに含まれず、これらのオブジェクトへのポインタファイルのみが含まれます。 代わりに Git LFS オブジェクトを含めて、リポジトリのアーカイブを使いやすくすることもできます。

If you choose to include Git LFS objects in archives of your repository, every download of those archives will count towards bandwidth usage for your account. 各アカウントには、毎月無料で 1 GB の帯域幅が付与され、追加使用分に対して支払うことができます。 詳しい情報については、「ストレージと帯域の利用について」および「Git Large File Storage の支払いを管理する」を参照してください。

アーカイブにある Git LFS オブジェクトを管理する

  1. GitHubで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  3. [Archives] で、[Include Git LFS objects in archives] を選択または選択解除します。
    アーカイブにある Git LFS オブジェクトを含めるチェックボックス

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.