ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ユーザアカウントの操作を制限する

ユーザアカウントが所有するすべてのパブリックリポジトリ内の特定のユーザに対して、一定期間アクティビティ制限を適用することができます。

誰でも自分のユーザアカウントの操作を制限できます。

ここには以下の内容があります:

一時的なインタラクションの制限について

ユーザアカウントのインタラクションを制限すると、ユーザアカウントが所有するすべてのパブリックリポジトリの一時的なインタラクション制限が有効になります。 リポジトリのインタラクション制限を有効にすると、特定のユーザのコメント、Issueのオープン、Pull Requestの作成、絵文字での反応、既存のコメントの編集、Issue及びPull Requestのタイトルの編集を制限できます。

インタラクションの制限を有効化する際には、制限の期間を24時間、3日間、1週間、1ヶ月、6ヶ月から選択できます。 制限期間が過ぎると、ユーザはパブリックリポジトリで通常のアクティビティを再開できます。

インタラクション制限には3種類あります。

  • [Limit to existing users(既存ユーザへの制限)]: 作成してから 24 時間経過していないアカウントで、以前のコントリビューションがなく、コラボレーターではないユーザのアクティビティを制限します。
  • Limit to prior contributors(以前のコントリビューターへの制限): リポジトリのデフォルトブランチに以前にコントリビュートしたことがなく、コラボレータでもないユーザのアクティビティを制限します。
  • Limit to repository collaborators(リポジトリのコラボレータへの制限): リポジトリへの書き込みアクセスを持たないユーザのアクティビティを制限します。

ユーザ全体でアクティビティ制限を有効にした場合、個々のリポジトリに対して操作制限を有効化または無効化することはできません。 個々のリポジトリのアクティビティ制限方法について詳しくは、「リポジトリでのインタラクションを制限する」を参照してください。

ユーザをブロックすることもできます 詳しい情報については、「個人アカウントでユーザをブロックする」を参照してください。

ユーザアカウントの操作を制限する

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。
    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン
  2. [User settings] サイドバーの [Moderation settings] で、[Interaction limits] をクリックします。
    [User settings] サイドバーの [Interaction limits] タブ
  3. "Temporary interaction limits(一時的なインタラクションの制限)"の下で、設定したいインタラクション制限の種類の右のEnable(有効化)ドロップダウンメニューを使い、インタラクション制限に設定したい期間をクリックしてください。
    [Temporary interaction limits] のオプション

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.